に投稿 コメントを残す

フリンジ キーホルダー の新色は レインボー

フリンジキーホルダーの新色

フリンジ と ラウンドタイプの2種類の キーホルダー

フリンジ タイプの キーホルダー とラウンド タイプの キーホルダー の2種類を kazoo では、展開しています。

で、今回は タイトルにもある様に、フリンジタイプの キーホルダーとなります。

以前は、柄も数パターン展開していましたが、現在は今回のものだけに絞り、展開しています。

新しい色は、やはりレインボーカラーに。

フリンジ キーホルダー の新色、 レインボーカラー。
フリンジキーホルダーの新色、レインボー

フリンジ キーホルダー の色は、レッド・グリーン・ブルー の3種類で展開していたのですが、先程も記したように、以前は他の柄も展開しており、カラーバリエーション もそこそこありました。

フリンジ キーホルダー とは別に、ラウンド キーホルダー もあるので、何となく、フリンジ キーホルダー の柄を1つに絞った方が良さそうだと言うことで、現在の柄は このタイプのみになっています。

そしてカラーバリエーションも、レッド・グリーン・ブルー の3色に絞りましたが、もう一つ二つ、追加しても良いかもという事で、ならば、人気のレインボーカラーを追加しました。

現在、ネットショップでは追加しておりませんが、お問い合わせ頂ければ対応いたします。

もちろん、サイトリニューアル時には追加いたします。

使用している素材は、鹿革 ヌバック (鹿革の吟面 を削った スウェード状の)で、色もタンナーさんにオリジナルで染色して頂いているものになります。

ヌバック は スウェード状 という事もあり、革の毛羽立ち が目立ちます。

特に フリンジ 部分は 使用始め、毛羽が 衣類やバッグ などに付いてしまう場合もありますが、手で軽く叩き落とせます。落ちにくい場合は、粘着クリーナー で簡単に落とせます。

鍵を留める部分などに使用している金具は、ニッケル の アンティーク仕様。

ペヨーテステッチと言う技法を用いて制作。

フリンジキーホルダーのレインボーカラー、ビーズ部分を接写した画像。
ビーズ部分を接写するとチェコシードビーズの不揃い具合が愛おしく見えます。

フリンジ キーホルダー やフリンジピアス はペヨーテステッチ と言う技法 を使い仕上げていきます。

ザックリと簡単に説明すると、スタート時に必要数のビーズ を糸に通して一週させ、ビーズを 一粒ずつ拾い、一周させたビーズに、針を通し作業を進めて、1段(列?)ずつ仕上げていきます。

進めていくペース が 一粒一粒なので、この程度の ビーズ量でも、それなりに 集中力が必要となり、本数をこなすとなると割と大変な作業なのです。

そして、作業進行中に、配色ミス などを発見すると、たった一粒の為に…。

なんていう事もしばしば。

そんな風に制作した、フリンジキーホルダー の二重リング部分に、ナスカンなど着けてベルトループやバッグなどのち手などに付けてぶら下げてみてるのも良いですね。




コメントを残す